HOME > 本音の部屋 > 熟年離婚を回避するコツ

本音の部屋。離婚、バツイチに関するコラム。管理人が思うままに語ります。

Vol.1 熟年離婚を回避するコツ

年金分割制度開始による離婚件数の増加を考える

20年以上も連れ添った夫婦が離婚を選ぶ。
夫の定年を待って離婚を切り出す熟年離婚が増えている現実。一緒に過ごした20年は一体何だったのか。

2007年4月の離婚件数が前年を大きく上回ったそうです。
年金分割制度の開始が一因と言われています。「どうせ離婚するならお金をもらってから」と考えたか、金銭面での心配から踏み切れなかった人達が「これで離婚できる」と決心したかどちらかでしょうか。

経済的な安定が確保されたら女性は離婚を突きつける

女性の社会進出が進んだとはいえ、経済的に自立するほどの収入がある女性はごくわずかです。20年以上も結婚生活を送ってきたならほとんどが専業主婦、ないしはパート勤めの方が多いでしょう。
離婚を考えても二の足を踏む気持ちはよくわかります。

言い方を変えるとお金さえあればとっくに離婚していたということです。そんな気持ちで20年も一緒に過ごしてきたかと思うと非常に悲しい。夫婦って何だろうなと考えてしまいます。

大事にされている実感があれば離婚は考えない

離婚に至る理由は様々ですが、日本の男性はもっと自分の奥様を大事にした方がいいと思います。謙遜が美徳とか言いますが、「ウチの女房なんて・・・」と悪く言う男性のなんと多いことか。「ウチの奥さんは素敵なんだよ」と言えないものでしょうか。

日本人はシャイだから、国民性が違うからと言われそうですが、褒められて嬉しくない女性はいません。「ウチの奥さんは美人でね」「料理が上手いんだよ」と誇らしげに語る男性はとても素敵です。
日頃から大事にされていると感じていれば、定年後に夫を捨てようとは思わないのではないでしょうか。

まだ間に合う!今日から始める愛情表現で離婚を回避

よくコミュニケーションが大切とか、共通の趣味を持つべきだとか聞きますが、そんな生ぬるいことでは離婚件数は減りません。意識改革が必要でしょう。いかに普段から上手に愛情表現をするか。大事なのはここです。

仕事で疲れているのに家で気を使うのは勘弁だ、という方は多いでしょう。実際に企業は人を減らしてコストを下げ、その分ひとりの負担が増えているのは事実です。
でも、定年後を奥様と二人で楽しく暮らすためにほんの少し努力をしてみませんか。女性は我慢することをやめたのです。自分は大丈夫と安心していたら、とんでもないことになるかも知れません。

女性はいくつになっても愛されたいのです。今から始めれば、まだ間に合うかも知れませんよ。

熟年離婚を回避するコツの関連ページ

▲このページのTOPへ戻る