HOME本音の部屋 > 離婚の理由なんて誰にもわからなくていい

本音の部屋。離婚、バツイチに関するコラム。管理人が思うままに語ります。

Vol.8 離婚の理由なんて誰にもわからなくていい

目に見えない離婚の理由

離婚に至る理由っていうのは様々だと思う。それがDVであるとか、多額の借金であるとか、酒乱でどうしようもないとか、わかりやすい理由なら他人も納得できるのだろう。

でも、相性が合わないといった形が見えない抽象的な表現になると、なかなか理解してもらえなくなる。

当然だと思う。人は自分の経験していないことを理解するのは難しい。頭でそうなんだと思っても、本当にその人の身になって考えるのは無理なのだ。

当人にとっては切実な問題

私はバツイチで子持ちで、同じような境遇の人はたくさんいるけれど、そうなるまでの道のりはみんな違う。単に離婚の理由の違いだけではなく、価値観、住んでいる場所、育ってきた環境、全てが違う。

みんなそれぞれ理由があり、それぞれの考え方がある。どんなにくだらないと思われる理由でも、その人にとっては切実な問題なのだ。ときに病気になってしまうほどに。

他人の意見を全て聞き入れる必要はない

私は自分の考えが100%正しいとは思わない。ここに書くことは私の経験から得たもので、ひとつの例だ。

世の中には色んな考えがあり、時には正反対のことを指摘されることもある。悩んでいるときは傷付いてしまうし、余計にわからなくなるだろう。

でも、全ての意見を取り入れる必要なんてない。違う意見を聞いて視野を広くするのは大切。その中から自分にとってより良いもの、必要と思われるものを取り入れていけばいい。

最後は自分で判断する

私は離婚の理由を誰かに理解してもらおうとは思わない。だから書かない。どんなに言葉を書き連ねたとしても、夫婦間のことはその夫婦にしかわからないし、自分の気持ちは自分にしかわからない。

忘れないで。どんな意見を言われようとも決めるのは自分だということ。

何が正しくて何が間違っているかなんて、本当は誰にもわからないのだから。

離婚の理由なんて誰にもわからなくていいの関連ページ

▲このページのTOPへ戻る