HOME > 子供=生きがいは否

子供=生きがいは否

子供が大きくなったら自分の時間を大切に。リラックスしたり楽しいと思えるものを見つけましょう。生きがいは意外な所にあるのかも。

子供が生きがいよ~と思っている女性はいませんか?
気持ちはとってもわかります。バツイチさんになりたての頃は私もそう思ってましたから。

でもね、すぐに違うなって気付いたんです。当たり前だけれど、子供って親の所有物ではないですもんね。大きくなればいずれは親元を離れるだろうし。大体、子供を生きがいにしてしまったら当の子供が迷惑でしょう(笑)。生きがいは別に見つけるべきですね。

女性は特に子供に依存しがち

離婚直後はものすごい開放感と同時に、何だろう、やっぱりどこかで不安を感じたり、寂しい気持ちもあったのでしょうね。「私には子供がいるから」と自分を振る立たせるような感覚だったと思います。

子供を生きがいにしてしまうと歳を取った時に辛いと思います。子供が巣立って行った後、空っぽになって何も手に付かない、気力も沸かない、それではあまりにも寂しい。

バツイチ女性だけではなく母親なら陥りがちな現象です。旦那様は仕事が忙しくて家にいる時間が少なく、ついつい子供のことばかり構っていたら、いつの間にか依存していた、なんて話を聞いたことありません?

意識して子供以外のものに目を向けてみる

やっぱり外へと目を向けるべきです。何でもいいんです。ガーデニングが趣味だとか、仕事にやりがいを見出すとか、友達とお茶を飲みながらたわいもない話をするのが好きとか。趣味を充実させるのが一番良い方法かなと思います。

離婚して間がなかったり、子供がまだ小さいうちは趣味がどうのなんて言っているヒマはないと思います。少しずつ余裕が出てきたら、自分の世界を広げてみてください。

バツイチ女性も自分の時間を楽しみましょう

このサイトを通して一貫して言い続けてるのは、バツイチ女性は意識をできるだけ外へ向けましょうということです。余計なことを考える時間を持たない方がいいと私は思います。一度、気持ちが後ろ向きになると、どんどん自分を追い込んでしまうので。

子供を放ったらかしにするのはいけませんが、ある程度成長したら自分の時間も充実させる。これくらいの距離感がいいのではないでしょうか。子供オンリーではない時間もバツイチ女性には楽しんで欲しいと思います。

子供=生きがいは否の関連ページ

▲このページのTOPへ戻る