HOME > 父親に会わせるべきか否か

父親に会わせるべきか否か

せっかく離婚したのだから二度と会いたくない!会わせない!これが本音。でも、母と子供の思いは違うかも。長い目で見て冷静に判断しましょう。

これは母親が子供を引き取った場合です。
離婚時に小さな子供がいると、母親が引き取るケースが多いでしょう。もちろん父親の場合もありますが、ここでは母親に限定して述べていきたいと思います。

子供を父親に会わせようとしないバツイチ女性

離婚後に子供を父親と面会させているバツイチ女性はどれだけいるでしょうか。
私の実感では少ない気がします。今更会いたくない、というのが本音でしょうか。初めは会わせていても、彼ができた途端に会うのを辞めさせたという話もよく聞きます。

非常にデリケートな問題で一概にあーだこーだとは言えません。それぞれのバツイチ女性の考え方もあります。全くケースバイケースなのですが、気になっていることをひとつだけ。あくまで私の考えとしてお聞きください。

離婚前に父親とよく話し合いを

子供に危害を加える可能性がなく、子供と父親の双方が会いたがっているなら、離婚後も会わせる方が良いのではないかと思います。

子供が幼くて意思表示ができない時は、離婚時の話し合いで決めるべきでしょう。後々のトラブルを避けるためにも、よく話し合いましょう。感情的になってはいけませんヨ。子供のことを第一に考えましょう。

子供が父親に会いたいと思うかどうかが大事

子供にとって血の繋がった父親はひとりです。どんな人か知りたいのは当然だと思います。父親の顔を知らずに育った子は、大きくなるにつれて思いを募らせていくでしょう。それを母親の都合で阻止してもいいものかどうか。

父親をはっきり認識できる歳であれば、やっぱり子供の意思を尊重してあげたい。子供が父親には会いたくないと言うのなら別ですが、そうでないなら月に1回でも面会日をもうけるのが望ましいと思います。離れて暮らしはいても自分には父親がいるのだと安心できるでしょう。

彼ができた時は子供と父親の双方に納得のいく説明を

お付き合いする人ができたことがきっかけで、子供を父親に会わせるのを辞める時、子供と父親にきちんと話をして納得させてください。突然何の説明もせずに一方的に連絡を途絶えさせるのは、母親として無責任です。間違いなく子供に影響が出ます。父親とトラブルになることもあります。

新しい彼と仲良くして欲しいから、という気持ちもわかりますが、子供は感受性が強いのです。母親の変化も、環境の違いも敏感に感じ取るでしょう。子供を引き取った以上、責任は母親にあります。子供の気持ちを汲み取ってあげてください。

子供は復讐の道具ではない

私自身の経験と見聞きしたことからこのような考えを持つようになりました。なので、全てが当てはまるとは思いません。迷いが生じた時の参考になればと思います。

どんな場合でも、子供を復讐の道具にしたりしないように。子供にとって何が大切か、何が必要なのか、常に考えながら行動していきたいものですね。

父親に会わせるべきか否かの関連ページ

▲このページのTOPへ戻る