HOME > 身だしなみに手を抜くなかれ

身だしなみに手を抜くなかれ

女性として生まれたからにはきれいでありたい。バツイチさんはなおのこと意識しましょう。いつでも凛として見た目も心も美しく。ビューティフルオーラを出しまくり。

バツイチさんに限らず女性はいつでもきれいにしていたいものです。

整形をするとかレーザーでシミを取るとか、そんな極端なことはしなくてもいいんです。いえ、してもいいのですが、お金に余裕のないバツイチ女性はもっと身近なところから始めましょう。

働くバツイチ女性にメイクは必須

バツイチ女性はお仕事をしている方がほとんどだと思います。その場合、やっぱりメイクはした方が良いでしょう。
メイクが苦手なのかすっぴんの方を時々見かけます。素顔で勝負できる若さがあればいいのですが、年齢と共にお肌は衰えます。

朝はスッキリ顔でも、夕方になるにつれ疲れが顔ににじみ出ます。自分では気付かなくても周りの人は見てるかも!肌を健康的に見せる役目もありますので、軽くメイクするのをお勧めします。

ファンデーションには下地を忘れずに

こってり厚化粧にする必要はありません。普段メイクをしない人が日焼け止め対策としてファンデーションを土壁のように塗っているのを見てビックリしたことがありますが、あれはいただけない。日焼け止めクリームを塗り、きちんと下地を付けてからファンデーションを塗りましょう。

あなどるなかれ下地はお肌とファンデーションを密着させる大事な役割があるのです。下地を塗らないファンデーションは崩れるのみ。少しもビューティフルではありません。下地を省略してはいけません!

ファンデーションが苦手の方は、日焼け止めクリームを塗ってからフェイスパウダーを付ける。これだけでもお肌はきれいに見えます。

ちょっとのケアで充分きれいになれる

唇はリップクリームでケアする。かさかさでいつも乾いている唇では出逢いを逃します。眉毛はムダ毛をカットして整える。
ほら、フルメイクなんてしなくても充分垢抜けて見えるでしょう。

髪は定期的に美容院でカットしましょう。伸ばしっぱなしで後ろで束ねるだけ、なんてことは極力しないように。
髪に手を掛けていられないわ!という方は、美容師さんに相談して扱いやすい髪型にしてもらいましょう。髪がぱさついていると疲れて見えるので、余裕があれば時々トリートメントをしてもらうと良いでしょう。ハリとコシがよみがえります。

服装もきちんとしていたいものです。ブランドものには手が出ませんが、今はチープでかわいい服がたくさん売られています。セールなどを利用して上手におしゃれを楽しんでください。

バツイチ直後の私の場合

私はメイクが大好きだったので、バツイチさんになった時も最低限のメイク道具は持っていました。ただ、服がなかった(笑)。職場は私服だったので本当に困りました。

結婚前に貯めていた僅かな貯金をはたいて、安くてもきちんと見える服を数枚購入、ボトムは黒とベージュの色違いのパンツを買って着まわしました。お給料が出るたびに少しずつ増やしていきましたが、着まわしができるようにベーシックなものしか選びませんでしたね。ファッション雑誌を見て参考にもしました。

普段はTシャツ姿でもOK

身だしなみを整えることで気分もシャキッとしませんか?オンとオフを切り替える儀式のようなもの。気分だけは颯爽と働くキャリアウーマンです。

無理をする必要は全くありませんが、少しずつでもきれいになる努力はしましょう。それが心の余裕にも繋がる気がします。

Tシャツ姿でゴロゴロするのは基本的に好きです(笑)。オフはこれでいいんです!
いざと言うときにビシッと決める。それがビューティフルなのです。

身だしなみに手を抜くなかれの関連ページ

▲このページのTOPへ戻る